嶋田病院 外科では、胸部、消化管全般にわたり診療、手術を行っています。胸部・消化器疾患とは肺(肺癌、気胸など)、乳腺(乳癌、乳腺炎など)、食道、胃疾患(食道癌、胃癌など)、十二指腸(十二指腸潰瘍など)、急性虫垂炎、結腸、直腸(大腸癌、大腸憩室炎など)、胆嚢・胆管(胆石症、急性胆嚢炎、急性胆管炎など)、そけい(鼠径)ヘルニアなどの病気です。

乳癌、肺癌、消化器がんに対しては手術療法だけではなく、ガイドラインに沿った化学療法を行っており、専用の化学療法室にて、安全で快適な外来療法も行っています。

「住みなれた街で、安心・安全な手術を」をスローガンに外科医師を中心とした「がん対策委員会」が活動しています。疾患の早期発見・早期治療で地域住民の「健康管理を支援する活動」を行うと同時に、外科治療が必要な患者さんには早期の社会復帰を目標にした「体にやさしく快適な治療」を積極的に行っています。

医師以外にも看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、検査技師、放射線技師、ソーシャルワーカー(医療相談員)、事務スタッフ等にて患者さんの手術前、手術後、退院後の療養生活のサポートを行っています。

消化器の救急手術症例については、消化器外科医師、麻酔科医師および手術担当看護師の24時間、365日オンコール体制にて対応しております。患者さん、そしてご家族の不安軽減に努め、1日も早い回復をスタッフ一同、願っています。

当ホームページでは嶋田病院 外科の日々の診療を地域の皆様に発信していきます。