右間接型鼠径ヘルニア

右間接型鼠径ヘルニア手術動画の公開を患者さん(70歳代、男性)が了承して頂きました。

この患者さんは上腹部手術の既往がありました。通常であれば臍から最初のポートを挿入するのですが癒着の可能性があったため、右側腹部から最初のポートを挿入しました。

いつもとは少し手順が異なりましたが、手術時間は33分でした。術後鎮痛剤の使用なく、翌日退院されました。退院時も鎮痛剤の処方はありませんでした。

退院後、約1週間で来院されました。軽度のセローマがありましたが経過観察としました。

これからも低侵襲、早期社会復帰が可能となる鼠径ヘルニア手術を追求していきたいと思います。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です