呼吸器外科・乳腺外科部長

鹿児島県出身

経歴

平成6年 九州大学医学部卒業
平成6年 九州大学 第一外科
平成10年 浜の町病院 外科
平成16年 九州大学大学院(臨床・腫瘍外科)卒業
平成16年 フランス パリ第7大学 サン・ルイ病院
平成19年 下関市立中央病院 外科医長
平成23年 国家公務員共済組合連合会 新小倉病院 呼吸器外科医長
平成25年 唐津赤十字病院 呼吸器外科副部長

所属学会

日本外科学会
日本呼吸器外科学会
日本胸部外科学会
日本消化器外科学会
日本がん治療認定医機構
日本乳がん学会

資格

日本外科学会・指導医・専門医・認定医
日本呼吸器外科学会・専門医
呼吸器外科専門医合同委員会・専門医
肺がんCT検診認定機構・認定医
日本消化器外科学会・指導医・専門医
消化器がん外科治療認定医・認定医
日本乳がん学会乳腺認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構・認定医
日本がん治療認定医機構・暫定教育医・認定医

学会発表

2013年

第68回日本消化器外科学会総会(宮崎)

消化器癌個別化治療に向けた次世代への試み 非ウイルスベクターを用いた消化器がんに対する新規遺伝子ワクチン療法の開発

日本臨床外科学会総会(名古屋)

子宮癌手術、術後放射線照射35年後に発症した小腸癌の一例

 

2014年

第69回日本消化器外科学会総会(福島)

総胆管結石症・胆管癌との鑑別が困難であったランブル鞭毛虫症の一例

第55回日本肺癌学会学術集会(京都)

75歳以上高齢者肺癌に対する手術症例の検討

第22回日本乳癌学会総会(大阪)

急速な発育傾向を示した線維腺腫の一切除例

第86回 日本胃癌学会総会(横浜)

胃全摘における空腸空腸器械吻合再建後の狭窄症例の検討

 

2015年

第38回日本呼吸器内視鏡学会九州支部会(福岡)

術後7年目に対側肺に発生した肺多型癌の1例

第56回日本肺癌学会学術集(横浜)

完全鏡視下に切除し得た後縦隔髄外造血組織の1例

第32回日本呼吸器外科学会総会(高松)

繰り返す喀血のため、完全鏡視下に右肺中葉切除を行った肺放線菌症の一例

第23回日本乳癌学会総会(東京)

当院における超高齢者(90歳以上)乳癌切除例(7例)の検討

 

2016年

第57回日本肺癌学会学術集会(福岡)

胸腔内にサルコイドーシス、珪肺が合併し、診断に苦慮した扁平上皮癌の一例

第39回日本呼吸器内視鏡学会学術集会(名古屋)

PET陽性CTガイド下肺生検にてclassIIIを呈したOrganized pneumonlaの一例

第24回日本乳癌学会総会(東京)

巨大嚢胞を形成した嚢胞内乳癌の一例

 

論文

1.【癌ワクチン療法 現状と展開】 DNAワクチンによる白血病治療(解説/特集)

古垣 浩一, Moins-Teisserenc Helene, 小川 亮介, 片野 光男

Biotherapy 2008;22:399-407

2. 非小細胞肺癌に対する化学療法(Cisplatin+Vinorelbine)投与方法の工夫 Cisplatin 4分割法

古垣 浩一,吉田 順一, 小川 亮介, 永松 伊織, 三浦 敬史, 外園 幸司, 梅田 修洋, 篠原 正博, 浴村 正治, 石丸 敏之, 岡本 裕子, 大神 信道, 長岡 榮, 江部 和勇, 江本 拓也, 瀬戸 明香, 杉原 正浩, 湯川 順子, 松尾 憲一

癌と化学療法 2009; 36:259-263

3.【呼吸器・心臓外科領域の感染症に対する治療戦略】 膿胸手術56例の検討 Thoracostomy failureを防ぐ

古垣 浩一, 吉田 順一

日本外科感染症学会雑誌 2011; 8:137-139

4. Pyogenic liver abscess after hepatobiliary and pancreatic surgery.

Furugaki K, Chijiiwa K, Ogawa T, Ogawa Y, Tanaka M.

Int Surg. 2001;86:67-71

5. Association of the T-cell regulatory gene CTLA4 with Graves’ disease and autoimmune thyroid disease in the Japanese.

Furugaki K, Shirasawa S, Ishikawa N, Ito K, Ito K, Kubota S, Kuma K, Tamai H, Akamizu T, Hiratani H, Tanaka M, Sasazuki T.

J Hum Genet. 2004;49:166-8.

6. DNA vaccination with all-trans retinoic acid treatment induces long-term survival and elicits specific immune responses requiring CD4+ and CD8+ T-cell activation in an acute promyelocytic leukemia mouse model.

Furugaki K, Pokorna K, Le Pogam C, Aoki M, Reboul M, Bajzik V, Krief P, Janin A, Noguera ME, West R, Charron D, Chomienne C, Pla M, Moins-Teisserenc H, Padua RA.

Blood. 2010 ;115:653-6.

7. CD40L, and GM-CSF gene-loaded polyplex micelle elicits a vaccine effect in mouse tumor models.

Furugaki K, Cui L, Kunisawa Y, Osada K, Shinkai K, Tanaka M, Kataoka K, Nakano K.

PLoS One. 2014;9:e101854.

 

趣味

運動全般、特に最近はスポーツクラブでのスタジオレッスンにはまっています。

 

一言

嶋田病院では呼吸器と内分泌外科を担当しています。気になる症状があればお気軽に受診して下さい。