山口県出身

経歴

平成9年 山口大学医学部 卒業

平成19年 アメリカ テキサス州ガルベストン UTMB留学

平成21年 山口大学 第一外科 助教

平成22年 愛媛労災病院 第二外科部長

平成27年 山口県済生会下関総合病院

 

所属学会

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本消化器病学会
日本臨床外科学会
日本乳がん学会
日本ヘルニア学会
日本臨床腫瘍学会

資格取得

日本外科学会専門医
日本外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本内視鏡外科学会評議員
日本内視鏡外科学会技術認定医(鼠径ヘルニア)

学会発表

2013年

第21回 日本乳癌学会学術総会 (浜松)

浸潤性微小乳頭癌の組織像を呈した男性乳癌の1例

第26回 日本内視鏡外科学会 総会 (福岡)

コンポジックスメッシュを用い腹腔鏡下修復術を行なった成人臍ヘルニア嵌頓の1例

2014年

第22回JDDW (神戸)

腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)を行なった十二指腸NET G1(カルチノイド)の1例

第27回 日本内視鏡外科学会(盛岡)

腹腔鏡下脾摘術を行なったSclerosing angiomatoid nodular transformation(SANT)の1例

2015年

第115回 日本外科学会総会 (名古屋)

高齢者における腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP)の妥当性の検討

第13回 日本ヘルニア学会総会(名古屋)

80歳以上高齢者における腹腔鏡下鼠径ヘルニア

修復手術(TAPP)の妥当性の検討

第28回 日本内視鏡外科学会総会(大阪)

10mm 腹腔鏡を用いたGlove法による単孔式腹腔鏡下虫垂切除

2016年

第71回 日本消化器外科学会総会(徳島)

腹腔鏡下ヘルニア根治術は前方アプローチと比べ高侵襲か?

第5回 Reduced Port Surgery Forum (大阪)

高齢者女性同時性多発大腸腫瘍に対しreduced port surgeryを行った1例

第13回 日本乳癌学会中国四国地方会(松山)

85歳以上超高齢者乳癌の検討

第29回日本内視鏡外科学会総会(横浜)

腹腔鏡下修復術を行った高齢女性鼠径部ヘルニア嵌頓の2例

2017年

SAGES (Texas州Houston)

Is laparoscopic transabdominal preperitoneal hernia repair more invasive than the anterior open approach?

第117回 日本外科学会総会(横浜)

当院における鼠径ヘルニアに対する前方アプローチ法と腹腔鏡下手術(TAPP法)の治療成績の比較検討

 

論文

1.DNA amplification and chromosomal translocations are accompanied by chromosomal instability: analysis of seven human colon cancer cell lines by comparative genomic hybridization and spectral karyotyping.

Tsushimi T, Noshima S, Oga A, Esato K, Sasaki K.

Cancer Genet Cytogenet. 2001;126:34-8.

2. Nonocclusive mesenteric ischemia after aorto-iliac reconstruction of a ruptured abdominal aortic aneurysm: report of a case.

Tsushimi T, Furukawa S, Gohra H, Takahashi T, Fukuda S, Oda T.

Surg Today. 2003;33:922-4.

3. A case of incarcerated femoral hernia in an infant.

Tsushimi T, Takahashi T, Gohra H, Fukuda S, Furukawa S, Oda T, Inoue T, Hamano K.

J Pediatr Surg. 2005;40:581-3.

4. Ectopic hepatocellular carcinoma arising in the bile duct.

Tsushimi T, Enoki T, Harada E, Orita M, Noshima S, Masuda M, Hamano K.

J Hepatobiliary Pancreat Surg. 2005;12:266-8.

5. Laparoscopic resection of an ileal lipoma: Report of a case.

Tsushimi T, Matsui N, Kurazumi H, Takemoto Y, Oka K, Seyama A, Morita T.

Surg Today. 2006;36:1007-11.

6. Early laparoscopic cholecystectomy for acute gangrenous cholecystitis.

Tsushimi T, Matsui N, Takemoto Y, Kurazumi H, Oka K, Seyama A, Morita T.

Surg Laparosc Endosc Percutan Tech. 2007 ;17:14-8.

7. Laparoscopic cecopexy for mobile cecum syndrome manifesting as cecal volvulus: report of a case.

Tsushimi T, Kurazumi H, Takemoto Y, Oka K, Inokuchi T, Seyama A, Morita T.

Surg Today. 2008;38:359-62.

8. Adenoma of the nipple, focusing on the contrast-enhanced magnetic resonance imaging findings: report of a case.

Tsushimi T, Enoki T, Takemoto Y, Harada E, Hayashi M, Furuya T, Hamano K.

Surg Today. 2011;41:1138-41.

9. Retroperitoneal solitary fibrous tumor of the pelvis with pollakiuria: a case report.

Tsushimi T, Yagi T, Tomozawa N, Ohnishi H.

BMC Res Notes. 2012 29;5:593.

10. Invasive micropapillary carcinoma of the breast in a male patient: Report of a case.

Tsushimi T, Mori H, Harada T, Ikeda Y, Ohnishi H.

Int J Surg Case Rep. 2013;4:988-91.

11. Laparoscopic and endoscopic cooperative surgery for duodenal neuroendocrine tumor (NET) G1: Report of a case.

Tsushimi T, Mori H, Harada T, Nagase T, Iked Y, Ohnishi H.

Int J Surg Case Rep. 2014;5:1021-4.

12. A case of incarcerated umbilical hernia in an adult treated by laparoscopic surgery.

Tsushimi T, Mori H, Nagase T, Harada T, Ikeda Y.

J Surg Case Rep. 2015 Feb 10;2015(2)

13. Single-incision Laparoscopic Appendectomy for acute Appendicitis using a 10-mm Laparoscope and the Glove Port Technique.

Tsushimi T, Mori H, Sudo M, Minami Y, Ueki K, Tamai M.

Pak J Med Sci. 2017;33:276-279.

 

趣味

野球観戦(広島カープの大ファンです)

音楽鑑賞(クラシック)

読書(歴史小説)

城巡り(百名城スタンプを収集中ですが、まだ30くらいしかまわっていません)

 

一言

専門は消化器外科、内視鏡外科です。とりわけ腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を得意としております。日本内視鏡外科学会技術認定医制度というものがあります。全国には鼠径ヘルニアでの内視鏡外科学会技術認定医は約60人しかおりません。安全で痛みのない鼠径ヘルニア手術をお届けできればと思っております。鼠径部の違和感、腫脹など気になることがありましたらいつでもお気軽にご相談下さい。